「若手社員に聞く」
2016年入職 学務部学務課

石坂 亜紫

法人本部 学務部学務課
2016年入職/新卒入職

この会社を志望した理由
私は大学時代に、4年間女子サッカー部のマネージャーをしていました。その経験から、「マネジメントや人の成長を支える仕事」に強く関心を抱くようになりました。また、以前から「教育に関する仕事に携わりたい」とも考えており、大学で中高の保健体育科の教員免許資格も取得しました。就職活動を進めていく中で、教員以外の形でもなにか人や教育に携わるお仕事をしたいと考えていたときに、大学に求人票が届いており、ぜひ挑戦したい、と思ったことがきっかけです。
企業研究をしていくと、みえ大橋学園での事務職員は、マネジメントの能力を磨くとともに、学生の成長をサポートする仕事だと思いました。また、「豊かな人間性と確かな技術」という教育理念のもと、専門知識や資格取得のための勉強に努めるだけでなく、人間性を高めるという思いに共感し、この学園で働きたいと思いました。
就職活動について印象に残っていることは?
マネジメントや人の成長を支える仕事に就きたいと思いながらも、4回生で教育実習へ行き、教師への道と企業での就職という道の2つで、迷っていました。個人差があると思いますが、私は就職活動をする中でいろんな職種に魅力を感じ、自分が本当にやりたいこと、したいことが明確になるまで随分悩んだことを覚えています。
自分が学生から社会人へなるときにどんなことがしたいのか、どんな人と働きたいのか、自分がそこへ就職したい理由が明確にないと、きっとどんな仕事に就いても中途半端になってしまうので、自己分析・企業分析をきちんとした上で、ここで働きたいと思える就職先を諦めずに見つけることが大事だと思ったことが印象深いです。
あなたの仕事内容を紹介してください
学務部に配属され、もうすぐ丸2年になります。
去年は法人本部の学務部として、主にユマニテク調理製菓専門学校の学校事務の業務にも携わり、各種証明書の発行といった学生対応をはじめ、代表電話の対応や来客対応などをしていました。
今年も引き続いて、学校事務にも携わりながら、去年よりも幅広い業務を行う機会が増えました。最近では広報に携わる機会がふえましたが、まだまだ知らないことが多いので、ただ学ぶだけでなく教職員や学生とコミュニケーションをとりながら、その専門職業や本学の魅力を感じとることを意識しています。

8:20 出勤、スケジュール確認、メール確認
   資料請求発送、電話・受付窓口対応(来客、学生対応)、ガイダンス依頼処理
12:00 昼休憩
12:45 証明書等作成、電話・受付窓口対応(来客、学生対応)、ガイダンス依頼処理
17:30 退勤

入社してから一番うれしかったエピソードは?
事務職の仕事は、営業職や開発職とは異なり基本的には目に見える数字で結果を感じることはないお仕事だとおもいます。そんな日々の中で嬉しいことは、感謝の言葉を頂くときです。
学生はもちろん教職員、来客の方々といった、本当にたくさんの人と関わることが多いのですが、何気ない会話の中で、「ありがとう」と言われると、自分の中では何か特別なことをしているつもりがなくても、また明日からもこういうことを続けて頑張っていこうというモチベーションに繋がります。ささいなことかも知れませんが、私にとっては何気ない日常での嬉しさです。
学園の風土や雰囲気をどう感じていますか。
まだ入職して2年目ですが、幅広い業務に関わらせていただき、学園内でもたくさんの方と接する機会があり、毎日刺激が多いです。
他の部署の方々や先生方との距離が近く、意見も尊重し合い、協力し合いながら働きやすい環境で仕事ができていると実感しています。
また、会長をはじめ気さくで親身になって相談に乗ってくれる方が多いので、人に恵まれていることが自慢です。
就職活動中の方へのメッセージやアドバイスをお願いします
就職活動中は将来に対し希望と不安が入り混じる期間だとおもいます。ただ学生から社会人になるという人生の節目で、自分と向き合うとても大事な時間です。
どんな仕事をしていても働く環境はとても大切だとおもいます。自分がそこで働く姿を想像してみて、ここで成長していきたいと思える仕事がみつかることを願っています。
人が好きな人は学校で働くことに向いているとおもいます。もし働きたい場所が本校であれば一緒に働ける日を楽しみにしています!