「先輩職員紹介」 
1999年入職 学務部学務課課長

北村 哲章

学務部学務課課長/ユマニテク看護助産専門学校 事務長
1999年入職/新卒入職

現在の仕事内容を紹介してください
 ユマニテク看護助産専門学校の事務長と法人本部学務部学務課の学務課長を兼任しています。日々の業務は看護助産専門学校の運営に関わる仕事が大半を占めます。特に、入学生を募集することは、学校運営においてとても重要な仕事です。したがって、内勤だけでなく日々県内外の高校への訪問を行ったり、進学ガイダンスに参加したりします。また、教育内容や学校特色の打ち出しについて教務と打ち合わせを行い、より良い学校づくりに取り組んでいます。時には、学生や保護者からの相談を受けることもあり、学習や金銭面のフォローを行うこともあります。その他には、関係病院との実習や就職に関連する業務が多いです。
入社してから一番うれしかったエピソードはありますか?
 毎年のことですが、卒業式の際に保護者の方々とお話することがあり、高校生の時にオープンキャンパスに一緒に来てくれた思い出話をさせて頂いたり、直接お礼を言っていただけたりするのは嬉しいです。学生からも、高校時代に私の話を聞いて、ユマニテクに入学して良かったと言って頂けた時は嬉しいです。
私がこの会社を選んだ理由または学園(職場)のここが好き
 私は大学新卒で入職しました。教育系大学で勉強をしていたのですが、在学中に教員として働くというイメージが出来ず、何か違う仕事はないかと考えました。人と接する事は好きでしたし、教育には興味があったので、教員とは違う立場で教育に関わるのは面白いかなと思い、本学園の就職を希望しました。
これまでのキャリアを教えてください
 入職後は、学校事務を行いながら主にユマニテク調理製菓専門学校を担当し、製菓製パン総合学科の立ち上げを行いました。その後ユマニテク医療専門学校へ事務主任として配属されました。次に、ユマニテク総合情報専門学校の事務長兼教務主任として配属され、その後、ユマニテク看護専門学校の事務主任となりました。しばらくして、助産専攻科の立ち上げや看護学科の定員変更を行い、学校名もユマニテク看護助産専門学校となり、現在は事務長として日々の業務を行っています。一昨年度からは学務課長としても、担当校だけでなく学園全体の事を考える事にも奮闘しています。
就職活動中の方へのメッセージやアドバイスをお願いします
 学校での業務は、4月から12月まで季節を感じることの出来る仕事です。直接、学生の教育に関わる訳ではないですが、色々な形で関わりを持つことが可能です。他の企業のように大きな組織体ではないので、各学校の担当になれば、学校運営に深く関わる事が出来、自身で考えた入試制度や、教育プログラム、募集方法等が採用される事もあり、自身の思いを形に出来る職場でもあります。