大橋学園グループについて

大橋学園グループについて

事業内容

学校法人みえ大橋学園は、昭和21年に四日市市塩浜において先代の大橋薫・美智により、「塩浜文化服装学院」として創設され、現在の学園本部がある四日市市浜田町に移転後は、「四日市文化服装学院」の名で、地域の洋裁学校として広く親しまれてまいりました。
社会の変貌とともに多様な展開を重ね、地域の皆様のご支援とご協力のもと、現在では4つの専門学校と高等学校をもつ総合教育機関として発展して参りました。
一方、学校法人大橋学園は、昭和14年に「ツルー洋裁学院」として開学し、「地域の女性の社会的自立のための職業専門教育」を建学の精神として掲げ、昭和37年には「学校法人精和学園」として学校法人の認可を受けました。その学校法人精和学園は、教育理念である「地域と密着した教育」を継承しつつ、平成16年に学校法人あいち大橋学園へと名称を変更し引継ぎ、「地域を支える次世代を社会に送り出す」ことを新たな建学の精神として掲げながら、1つの短期大学、2つの専門学校を運営しております。
それぞれ教育機関としての教育理念を同一とする学校法人であり、その意味においては姉妹法人でもあります。現在では地域が発展するための職業専門教育の一端を担う学園として認識されてきております。

概要

法人名 学校法人大橋学園 学校法人みえ大橋学園
創立 昭和14年 昭和21年
代表者 理事長 大橋 正行
資本金 学校法人のためなし
教職員数
(嘱託・パート含)
73名 122名
平均年齢
(事務職員)
42歳 43歳
法人本部所在地 名古屋市中村区名駅2丁目33番8号 四日市市浜田町13-29
設置校 ユマニテク短期大学
名古屋ユマニテク歯科衛生専門学校
名古屋ユマニテク調理製菓専門学校
ユマニテクライフデザイン専門学校
ユマニテク看護助産専門学校
ユマニテク調理製菓専門学校
専門学校ユマニテク医療福祉大学校
大橋学園高等学校

仕事紹介

~総合学園ならではの多様な仕事内容、職場環境、働き方~

短期大学、専門学校、高等学校を運営する本学園グループは、特に専門職業における教育機関としては県内でも規模が大きく、分野も多様性があるだけでなく、事務職員の仕事内容や職場環境、働き方にも多様な可能性を秘めています。例えば各校の事務局で学生・生徒や教員をサポートするといった教育機関ならではの仕事もあれば、法人運営を円滑に推進するための基盤をつくる管理運営の仕事、各校の魅力をアピールし学生募集活動を展開する広報の仕事もあります。

入職後は、一般職からのスタートとなります。経験やスキルを積んで、キャリアアップしてください。最終的には、学園全体を管理・運営していく総合職を目指してもらいます。あなたの成長をサポートする研修制度もあるので、安心してください。

地域を支える次世代を社会に送り出す人材育成を行うために、教育機関が担う社会的な責任や役割は多岐にわたり、事務職員も幅広い活躍の場があります。時代が大きく変わる社会の中で、今後とも地域社会に貢献できる専門職を育てるためにも、ともに次代を担う仲間をお待ちしております。

<学務系>

学校の各事務局において、学生・生徒の入学から卒業までの学校生活全般のサポートを行いながら、目標に向かって頑張る学生・生徒が、安心して学ぶことが可能な環境づくりを支援することが主な業務です。
具体的には、入学手続きや授業料・奨学金の手続き、学生保険事務、学生の健康診断の手配、学生生活指導、学籍管理、教材の販売、証明書の発行、学校行事の準備・実施、施設管理、講師や実習先との事務連絡及び調整等様々なものがあります。多岐に渡る業務ですが、教員と協力しながら学生・生徒第一という視点で、より良い教育の機会・環境を提供できるように努めます。学生・生徒、保護者をはじめ、学内外問わず、様々な人と直接接する機会が多い部門です。

<広報系>

各学校の魅力を伝え、入学者を増やします。ダイレクトメールの作成、発送や、SNSなどを活用し学校を知ってもらうきっかけをつくったり、進路相談会やオープンキャンパスで高校生や中学生などに、我々が行っている職業教育について説明したりします。さらに、各学校への進学に興味を持ってもらえるよう、県内外の中・高校を訪問し、中高生はもちろん、進路指導の先生など、多くの方々との関係性を高めていく仕事もあります。ここで出会った学生・生徒が、入学を決め、無事に卒業を迎えられたときの喜びは大きなやりがいになります。
また、WEBや進学媒体などを活用して、各校の認知度をアップしたり、パンフレットを制作したりと、学園グループの教育理念が、一人でも多くの方に届くような活動をしています。

<財務系>

各校の日々のお金の出し入れや伝票起票、帳簿記帳、預金管理等を行い、学校業務が滞りなく行われるための会計的なサポートを行いながら、学園全体の資金や財産を管理することが主な業務です。決算時期には残高の確定や未決済取引の確認、税金の計算、決算書類の作成等学校経営にとって重要な業務があります。学生・生徒の授業料や国や地方公共団体からの補助金などを預かって堅実な経営を行い、より充実した学校教育を担うために、常に誠実で間違いの無いよう正確な仕事を求められるのはもちろんのこと、学園の多くの部門と頻繁に連絡を取ることがあるため、学園全体の業務の理解も求められます。

<総務系>

教職員の採用、入退職手続き、給与計算、共済保険事務、福利厚生をはじめ、教職員が日々安心して業務を行える環境を支えるのが総務部の主な業務です。また、学園の行事や研修の企画・運営、官公庁からの調査書類の作成、経営層のスケジュール管理など学内各部署との連絡調整等幅広い業務があります。その他にも、諸規程の整備、役員会や会議の設営、議事録の作成など、学園の経営判断を適切に行うためのサポートを行います。
労務・税務に関する法令は時代によって変化する為、研修等に参加して最新の情報を知り、適切に対処することが必要です。また、財務部と同様に、学園全体の業務を理解し、経営部門と各学校との調整を図りながら学園の運営に関わるため、コミュニケーション能力やマネジメント能力が必要とされます。

総務系と財務系での業務は、学生・生徒とは直接やりとりする機会は少ないですが、すべての業務のひとつひとつが、「学生・生徒」に関わっています。
学園グループではどの部門に配属されても「学生・生徒第一」を意識しながら業務をすることが求められます。